RSS | ATOM | SEARCH
真言を唱える事

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

真言を唱える事

 

自分の人生今で50年である

夢と希望色々とあったが

今振り返ってみると悪くなかったな

と思います。

 

最終的に護摩が焚きたいと願っていた

のが現実となっています

 

若気の至りでS学会に入会して半年もしない

うちに退会したな・・・・

これも仏のお導き・・・・

 

あの時この道を通っていたら

僧侶にもなっていなかったな・・・

 

あの時にこの道場で修行していたら

この道もなかったな・・・・

様々おもいあたります。

 

このエピソードも道が違っていたら

体験できなかったでしょう

 

今、ダライラマ14世法王猊下が

13日〜22日頃まで来日されています。

全国各地で法話・講演・灌頂など多忙に

動き回られます。

 

私が四度加行をさせて頂いた

広島宮島 大聖院さんにも

ダライラマ法王が滞在されました。

 

2006年11月です

1週間程滞在されました。

 

滞在期間中は記念講演・灌頂などあり

毎日1000人近くの方が全国・海外から

起こしになりました。

 

ダライラマ法王は朝も4時頃には起床され

お勤めされていました。

 

法王についてこられるチベット僧の皆様も

お客さんが引いた夕方や早朝になると

境内地で散歩されてました

 

散歩かな?と思っていると

口々に真言を唱えて、念珠を繰って、歩いていました

 

今、振り返ってみると

今、いる場所が道場なんだな・・・

「行」歩くこと

「住」とどまること

「坐」座ること

「臥」寝ること

 

高僧覚鑁上人の「密厳院発露懺悔文」の一説

『行住坐臥』知ると知らざると犯すところの・・・

チベット僧に見習わないと・・・・

 

ちなみに、チベット僧の方が数週間おられたので

仲良くなり、名前は忘れましたが

なんたら・リンポチェさんから

私の弟子になりなさいダラムサラに来いと

言われた覚えがあります

 

もしインド・ダラムサラに行っていたら

・・・・・どうなっていたかな(笑)

 

 

author:法道寺, category:-, 09:38
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:38
-, -
Comment